医療機器・病院設備機器の開発・販売業務および開業支援

株式会社エムエムアンドニーク

レーザ血流計LSFG-PFI

皮膚血流の経時変化を動画でリアルタイム観察

レーザ血流計LSFG-PFI

LSFG(レーザースペックルフローグラフィー)とは、レーザーの反射散乱光を利用して血流分布を可視化する技術のことです。

色分けされた血流マップ、数値化した血流量評価により、詳細な血流解析が可能です。

対象疾患は、主に閉塞性動脈硬化症(ASO)を中心とする、末梢動脈疾患(PAD)などの重症下肢虚血(CLI)。

下肢末梢血流動態の日々のモニタリングに使用できます。

LSFG-PFI使用例

製品の特長

より負担が少ない検査を目指して

計測時間はわずか4秒です。非接触かつ非侵襲のため、痛みや刺激を与えることなく計測できます。外来でも測定できる機動性と簡便性を兼ね備えています。
LSFG-PFI計測中

足病の兆候をとらえ、重症化する前にアプローチ

処置前後の血流動態の経過を観察できます。

EVT結果が良好であった例の血流マップ (EVT: 血管内治療)
LSFG-PFI血流マップ 良好例
EVT結果が良好でなかった例の血流マップ
LSFG-PFI血流マップ 非良好例
出展:
大浦武彦, 大浦紀彦, 松井傑, 内山英祐
操作が簡単なレーザースペックルフローグラフィー(LSFG,下肢血流測定器)の使用経験 ~痛みがなく,4秒で撮れて且つカラーマップで示される血流計~ 日本下肢救済・足病学会誌, 7(3), 173-184, 2015.

血流動態の経時変化をグラフで確認できます。

関心領域を指定することで、測定した血流評価量の経時的な変化をグラフ表示し、視覚的に確認することができます。 LSFG-PFI経時変化グラフ

仕様

一般的名称 レーザ血流計
販売名 レーザースペックルフローグラフィー LSFG-PFI
型名 LSFG-PFI-S
薬事承認 管理医療機器・特定保守管理医療機器 クラスⅡ
承認番号 22800BZX00401000
電源入力 AC100V 50/60Hz
照明用レーザー Type:Laser Diode、波長:830nm (不可視)
照準用ポインタ Type:Laser Diode、波長:650nm (可視)
レーザークラス 3R (IEC60825-1:2007に基づく)
測定領域 20(W)×15(H)cm
測定距離 カメラノーズ先端から24cm(固定焦点)
測定時間 4s(30Frame/s)
外形寸法(カメラユニット部) 約11(W)×22(D)×9(H)cm
外形寸法(カート部) 約62(W)×40(D)×93(H)cm
重量(カメラユニット部) 約1.5kg
重量(全重量) 約25kg
IP分類 IPX0
総販売元 株式会社エムエムアンドニーク
製造販売元 ソフトケア有限会社

ソフトウェア構成

測定ソフトウェア LSFG Measure PFI LSFG-MES-PFI-V1
解析ソフトウェア LSFG Analyzer LSFG-ANA-V3
付属プラグイン RubberBandEx LSFG-ANA-OP-RBEX
付属プラグイン OutputImage LSFG-ANA-OP-OI
オプションプラグイン TimeAnalysis LSFG-ANA-OP-TA

方法特許 特許第4803520号 血流速度画像化装置)

※仕様などの記載事項は、製品改良のため断りなく変更することがあります。