医療機器・病院設備機器の開発・販売業務および開業支援

株式会社エムエムアンドニーク

炭酸ガスレーザー手術装置LASERY 15Zμ

炭酸ガスレーザー手術装置 LASERY 15ZLASERY 15Z ロゴ

炭酸ガスレーザの特徴

炭酸ガスレーザは、1964年Patelにより初めて発振されたレーザで、10.6μmの波長を有し、水への吸収率が高く、組織表面に吸収するため出血が少なく、切開・蒸散能力が高いレーザです。

炭酸ガスレーザによる手術

皮膚への深達性が小さく、組織表面のみ蒸散するため深部に対する熱影響が少ないレーザです。正常組織へのダメージを最小限に抑えた手術ができます。熱影響が限局的なので術後の浮腫・疼痛が少ないです。

炭酸ガスレーザの光を集光してあてると表面組織の収縮、脱水、炭化を生じ、さらに内部組織水分の蒸発又は気化を起こします。この過程で毛細血管を含む組織の収縮、凝固が止血作用をもたらします。集点位置の調節、出力とそのモードなどの組み合わせで切開、蒸散、凝固の処置が症例に合わせて一台の装置で行うことができます。

水のスペクトル吸収曲線

Dr.若松他 正常及び母斑皮膚の分光分析「レーザーによる母斑治療の基礎研究」日形外会誌 3:439-445,1983

製品の特徴

レーザビームの発振方式

ニークレーザリーシリーズは、当社独自の出力補正システムにより、出力の長期安定性が格段に向上しました。そのため、切開能力の持続性のアップや、レーザ発振器の保証期間が延長しました。

「切れ味の良さ」が格段に違います

ニークレーザリーシリーズの「切れあじの良さ」は、特殊な集光方式によるパワー密度の違いにより生まれます。
ニーク レーザリーシリーズ 機種 ファイバ方式の炭酸ガスレーザ
マニピュレータ方式でレーザビームをレンズにより集光しています。 集光 ファイバ方式は反射を繰り返し先端まで伝送されるのでレーザビームが一部損なわれます。
Φ0.1~Φ0.2mm 最小
スポットサイズ
現在使用されているファイバの内径はΦ0.7mm以上

操作性に優れ治療効果を高めます

  • 症例によって連続/シングルパルス/リピートパルスが選べ、パルス照射時間も設定可能です。
  • 起動時の自動較正機能により、常に安定した出力でご使用いただけます。
  • 明るさ切り替えができるガイド光。
  • 場所をとらないコンパクトボディ、軽量で移動も簡単。

炭酸ガスレーザの治療症例

皮膚科・形成外科 疣贅、黒子、眼瞼黄色腫、鶏眼等の隆起性病変の蒸散、汗管腫
耳鼻咽喉科 耳介腫瘍、鼻茸、鼻粘膜焼灼、鼓膜切開、軟口蓋形成術(いびき治療)、アデノイド、白斑症、上顎癌、乳頭腫、ラリンゴ手術
眼科 眼瞼下垂
婦人科 子宮頸部蒸散、尖圭コンジローム等の蒸散
一般外科 実質臓器の止血、凝固、蒸散
肛門科 痔核、痔瘻の切開

仕様

一般的名称 炭酸ガスレーザ
商品名 ニーク レーザリー15Zμ
製造販売元 澁谷工業㈱
クラス分類 クラスⅢ
JMDNコ-ド 35939000
特定保守管理 該当
承認番号 22500BZX00187000